物件の購入までの流れを説明致します。

ここでは、アメリカ物件を購入するまでの流れを記載しております。

 

①物件情報の入手

まずは、こちらから物件情報を取得して下さい。物件情報は時期によっては少ない時もありますので、その場合は、有益な物件が出るまでお待ち頂く事になります。

また、物件情報をフリーメールで受信される場合は、一緒に携帯メールアドレスもご登録頂く事をお勧め致します。

理由としては、優良物件は、すぐに売れてしまう事も多く、物件情報をお送りしてから最短で2時間~2日間ほどで買付が入ります。

フリーメールで登録をしている場合、メールチェックが遅くなってしまう事が原因となりチャンスを逃されるケースがあるためです。

(特にホットメールへの送信は、最近、エラーとなりますので、ご遠慮下さい)

 

②買付意思表示

物件情報は、メールでお知らせ致します。お送りしたメールに「買付意思」をご返信下さい。

 

③買付書の送付

買付意思を頂きましたら、買付書を送付します。プリントアウトして頂き、買付書にサイン済みの書類をスキャンしてご返信下さい。

 

④売買契約の成立

買付書が売主に届けられ、売主がサインをした時点で売買契約の成立となります。

売買契約成立後、同じくスキャンしたデータをご返信致します。

 

⑤手付金の支払い

売買成立後、売主(物件)により手付金が発生する場合があります。手付金が必要な場合は、

手付金の振込みを売買契約締結後1週間以内に行って頂きます。

目安は、物件価格の約5%~10%です。

その他、物件検査費用、登録費用手数料を一緒に振り込み頂きます。

 

尚、物件検査の結果によっては、利回りに重大な影響を及ぼすと判断した場合は、買付を中止して頂く場合がございます。

 

売買が不成立の場合は、手付金は返還されます。

※振込み手数料はお客様負担となりますので、ご了承下さい。

尚、外貨口座開設が間に合わない場合、円でのお支払となります。

 

⑥物件残金及び決済にかかる諸費用の支払い

物件売買が成立後、2週間~3週間前後で、必要な支払いは下記の通りです。

  • 物件価格残金(手付金を除く残金)
  • 固定資産税の月割り分(物件により異なります)
  • 州税及び郡税(不動産取得税)(投資エリアにより異なります)
  • クロージングコスト、タイトルカンパニー(所有権移転)、事務手数料、登録手数料

※物件のタイプ(戸建、アパート)や州により異なりますが、戸建物件で4,500ドル~5,000ドル、

アパートで9,000ドル~10,000ドル前後となります。

※物件規模により異なりますので、詳細は個別にお問い合わせ下さい。

 

⑦管理委託契約の締結

売買完了後、物件の管理委託契約書を交わします。(日本語訳付き)

 

⑧月々の家賃を受取り

家賃の受取りには、小切手の郵送と銀行への振込みの2種類があります。

管理会社により小切手郵送が指定できない場合もありますので、詳細はこちらでご確認下さい。

 

 

口座開設についてのご留意事項

 

尚、外貨口座は売買が成立する段階で、準備を進める事をおすすめ致します。

決済残金及び諸費用については、原則、ドルでのタイトルカンパニーへ外貨送金となります。

外貨送金を行う際は、事前に外貨送金先の登録が必要となります。(登録には1週間ほど要します)

 

現地に行かなくても、ネット及び郵送で口座開設を行えます。

現地外貨口座をお持ちではない場合は、こちらからお問い合わせ下さい。

解説方法等のマニュアルをお送り致します。

 

物件オーナーの声

物件情報のご希望は